世田谷区の歯科医院。下北沢からも好アクセス。インプラント、ホワイトニング、顕微鏡を使用した根管治療、費用の紹介等。

たじま歯科クリニック たじま歯科クリニック
お問い合わせ・ご予約はこちら
contents
診療時間
AM 10:00〜13:00
PM 14:30〜19:00
<休診日>
木曜日・日曜日・祝祭日
アクセス
東京都 世田谷区 北沢4-5-1 ドエル北沢1F
上記の地図はクリックすると拡大表示します。
携帯サイト
QRコード
バーコードリーダーのついた携帯で撮影し、携帯サイトにアクセスする
(未対応機種もあります。)
当院では痛くない麻酔を用意しております

インプラント

インプラント治療とブリッジ、入れ歯治療との比較

治療方法 メリット デメリット
インプラント ●自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、自然の歯に近い機能が期待できる。
●食べ物の味や感触がよくわかる。
●周りの健康な歯を犠牲にしない。
●自分の歯とほとんど同じように見える。
●抜け落ちてもやり直しができる。
●歯を失った部分の顎の骨がなくなるのを防ぐ。
●適切にケアすれば長持ちする
●良く噛めることは身体が健康になる。
●インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
●心臓病や糖尿病など、全身疾患がある場合、また骨の状態が悪い場合は治療できないことがある。
●治療期間が長くかかる。(最短6週間とかなり短くなった。)
●インプラントを維持するために口腔衛生の管理と検診が定期的に必要になる。
●インプラントは、保険外(自費)治療で費用がかかる。
ブリッジ ●ほとんど装着感がなく、快適で噛む能力もほぼ自分の歯と変わらない。
●天然の歯と遜色のない審美的な外観を回復できる。(金属式のものを除く)
●入れ歯と違い固定式である。
●比較的治療期間が短い。
●ブリッジを支え、固定するために、両隣の歯を削る必要がある。(土台となるしっかりとした歯が両隣にないと作製できない場合がある。)
●多数の歯が失っている場合には適応できない場合がある。
●土台にした歯に負担がかかる。
●清掃性が悪くなる。
●使用材料による保険適用外のものは自費診療となり高額となる場合もある。
●インプラントより長持ちしない。(平均7〜8年)
入れ歯 ●隣在歯を削る必要がない。(削る替わりにバネで固定することがほとんど。)
●ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効である。
●比較的治療期間が短い。
●バネのかかる歯に負担が強くかかるため、その歯は傷みやすい。
●噛む力が弱くなる。(天然歯の約1/3)
●症例によっては食べ物を選ばなければならない。
●違和感を感じやすい。
●適切な噛み合わせを長時間維持できないため、修理や作り替えが必要である。
●取り外して手入れをする必要がある。
●使用材料による保険適用外のものは自費診療となり高額となる場合もある。

インプラント治療の流れ

 奥歯を一本失ってしまった際の治療の流れを
イラストと実際の症例写真でご紹介しております。
>> インプラント治療の流れ
>> 実際の症例写真
※ポップアップ(別ウィンドウ)で
  立ち上がります。

インプラントの種類について

 現在約30種類のインプラントが臨床で使用されています。
それぞれインプラントには特徴があり、その信頼度も異なります。どのインプラントを選択するかは歯科医師の考えによって異なります。当院では、信頼性の非常に高いITIインプラントカルシテックインプラントを使用しております。
ITI (International Team for oral Implantology)インプラント
  現在日本で最も多く使用されているスイス生まれのインプラントです。特徴として手術は通常1回で完了します。その中でもSLAタイプインプラントを使用すると治療期間(治癒期間)が最短で6週間と非常に短期間にすることが可能になります。また、顎の小さい日本人には適しているインプラントです。
SLAタイプインプラントとは、1999年にITIから10年以上の研究期間を経て開発された最新のインプラントです。インプラント体を骨の中に埋め込んだ後の骨との結合にかかる期間が、今までは3〜6ヶ月かかっていましたが、SLAタイプインプラントでは、最短で6週間と非常に短い期間になり、患者さんへの負担も減少しました。
カルシテックインプラント
インプラント体の表面をハイドロキシアパタイトでコーティングすることにより、骨とインプラント体がより強固に結合することができます。通常2回法です。

研究成果、臨床成績、術式、治療期間を考え、当院では症例により2種類のインプラントを使用しております。

ソケットリフト法(上顎洞底挙上術)

 上あごの奥歯を失ってしまった場合、通常の日本人では骨の量が少なく、インプラント植立が不可能なことがほとんどでしたが、このソケットリフト法により多くの症例で可能となりました。
このテクニックは、鼻に通じる上顎洞をいう空洞の底部(下部)を骨と一緒に持ち上げることにより、インプラント植立に必要な骨の厚みを確保する方法です。上部構造は手術後約4ヵ月後に装着します。(個人差があります。)
インプラントの施術風景

インプラントの施術風景

 
器具の滅菌には最新の注意を払い、
徹底した衛生管理のもと手術を行っております。
△このページのTOPに戻る
l 医院紹介 l 診療案内 l 費用・料金 l Q&A l インプラント・詳細 l インプラント治療の流れ l TOP l
l 一般歯科(根管治療・PMTC) l 審美歯科(ホワイトニング) l インプラント l 小児歯科(フッ素塗布) l 矯正歯科 l スマイルクラブ l